自動車保険〜運転者限定なしの保険料価格は?

自動車保険を「運転者限定なし」で契約した場合、保険料の価格は一般的に高くなります。

 

大切なのはどの程度価格が上がるのか?

 

ある程度把握しておいてから、自動車保険の契約をどこの保険会社、どの補償内容で契約するのか決めることです。

 

複数の保険会社から一括見積もりをしておくと、「運転者限定なし」の場合であっても

 

運転者限定特約を付けた場合よりも保険料が安くなることもあるので

 

とにかく、無料でできる自動車保険一括見積もりをしてみてから、

 

どこの保険会社と契約するのか?判断材料にすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

自動車保険の保険料価格は、医療系や生命系などの他の保険プランに比べて一般的に高額です。

 

自動車保険の保険料もリスクに応じて決められ、リスクの高い契約者の保険料価格は高額に設定されていて低リスクの契約では保険料価格は安くなります。

 

自動車保険は、対人賠償補償と対物賠償補償、つまり車を運転中に万が一事故を起こしてしまい相手の身体や持ち物に損害を与えてしまった場合にその責任を補償する部分をメインに、各種の特約を組み合わせるなどして契約内容と保険料価格を決定する仕組みになっています。

 

 

自動車保険の特約のひとつに、運転者限定特約があります。

 

運転者限定特約は、契約車両を運転する方の範囲を設定することで保険料を割引きする制度です。

 

自動車事故の発生リスクは、不特定多数の方が運転するよりも決まった人しか運転しない方が抑えられます。

 

運転者限定特約は、決まった人しか運転しないように運転者の範囲を設定することでリスクを下げ保険料価格を抑える特約です。

 

運転者限定特約における限定の範囲は、本人のみ・本人および配偶者のみ・家族のみ・運転者限定なしから選択するのが一般的です。

 

この中では、運転する可能性のある方の範囲が最も狭い本人のみ限定の保険料価格が最も安く、誰が運転するか決まっていない運転者限定なしではリスクが最も高くなるため、保険料の価格も一番高額です。

 

 

 

自動車保険を契約する場合、運転者限定なしを問われる場合があります。

 

これは、保険会社が支払いを負う事象が発生した場合その事象を発生させた人物を限定する事により出費を削減する事が木庭であり、その費用発生の負荷を被保険者に自動車保険価格を低減して還元するものです。

 

その種類は大きく分けて運転者の年齢で限定するタイプと運転者そのものを限定するタイプに分かれます。

 

年齢で限定するタイプは、特に低年齢層の事故率が高いため、制限なしは18歳以上全年齢の事故を保証しますが、当然保険料は高額となります。

 

年齢区分は18歳、21歳、35歳等区切りの良い数値が設定されており、契約者が勝手に適用年齢を決める事はできません。

 

当然、高年齢に限定する事に従い保険料は減額されます。

 

最近は高年齢者の事故率が高いとの報道が多く見かけますが、自動車保険に対してはまだ高年齢者増額の商品は見当たりません。

 

しかし、走行距離を加味した保険もできており、自動車保険の加入の場合はこれらの条件をよく検討して契約する事が大切です。

 

運転者を限定して加入するタイプは、その車両を運転する運転者を特定して契約する自動車保険です。

 

この多くは家族に限定したり、専用の運転者が運転する場合に運転者を指定するものですが、前述の年齢限定制度よりは一般的ではありません。

 

 

 

 

 

運転者限定特約とは?

 

運転者を限定することによって、保険会社にとっては保険金の支払いリスクを減らし、その代わり保険料を安く済ませようというのが、「運転者限定」です。

 

限定する運転者の範囲について、当然運転者の限定を無しにするのが補償の範囲は広いのですが、かなり保険料は高くつくことになります。

 

運転者限定特約を付けた場合、補償される運転者の範囲を知っておかないと、もし事故を起こしたとき、保険会社の補償の範囲外となり補償されないなんてことになりかねません。

 

しっかりと運転者の限定の範囲を理解して、あなた自身に合った限定をすることによって、賢く保険料を節約するように心掛けましょう。

 

 

保険料というのは運転する人で保険料が決まります。

 

任意保険では、運転する人を限定し、事故をするリスクが高いとされる若いドライバーや家族以外の他人を運転させずに、補償範囲から外すことによってかなり保険料を節約することができます。

 

運転者の限定には2つの方法があって

 

・年齢で運転者を限定する「年齢条件」

 

 

・運転する人を「自分」や「配偶者」「家族」など特定の人に限定する「運転者限定」があります。

 

 

運転者の限定をなしにすると、「誰が車に乗り事故を起こしても補償される」ことになるのですが、保険料はかなり高くつきます。

 

あなたの車を主に使う人を考え。運転者を限定することによって保険料をかなり安くすることができるので、今一度、運転者限定について調整することをおすすめします。

 

 

限定のタイプ 運転者
限定なし 友人・知人など誰でも補償されます
家族限定 契約者と同居の家族、別居の未婚の子
本人・配偶者限定 記名被保険者とその配偶者
本人限定 記名被保険者のみ

 

上記の表の場合、上に行くほど保険料は高くなり、下に行くほど保険料は安くなります。

 

当たり前の話ですが、運転者を限定した場合、限定の範囲外の人が車を運転し事故を起こしても補償されません。

 

 

家族限定にした場合、家族という定義が難しく、基本的に契約者と同居の家族は家族とみなされ補償の範囲に入るのですが、一般的には下の表のようになるのですが、保険会社によって家族に含まれるのか?の解釈が違うため、契約時に確認が必要です。

 

家族限定の「家族」範囲

記名被保険者 通常は契約者
記名被保険者の配偶者 通常は内縁関係も含む
記名被保険者または配偶者の同居の家族 夫婦が別居していても、夫か妻のどちらかと同居している親族
別居の未婚の子 通常は学生など自立していない子供

 

 

その他、2世帯住宅の場合はどうなるのか?保険会社によって判断が分かれますので、保険会社に必ず確認してください。

 

別居の未婚の子についても、保険会社によって判断が分かれるので要注意。

 

 

運転者限定の上手な使い方

 

保険料を安くするために「運転者限定」で補償対象の運転者をなるだけ限定したいところですが、

 

そうは言っても、たまに友人に車を貸したり、実家に帰省した際などに親の車を借りるなんてこともまれにあると思います。

 

この場合、他人が運転する期間だけ「運転者限定をなしにする」ことができます。

 

複雑な書類の記入の必要もなく、保険会社に○月○日から限定を外し、他人が運転する期間が終わったら、再び限定ありに戻せば良いのです。

 

 

 

 

 

 

運転者限定特約のメリット

 

任意保険の契約の際に、「運転者限定特約」をつけると保険料は安くなります。

 

限定条件は、大きく分けて3つあるのですが、運転者を限定すればするほど、保険料は安くなります。

 

当然、保険料が安くなるというのが運転者限定特約のメリットなのですが、自動車保険の運転者の限定をなしにした場合は価格は最も高くなります。

 

限定特約をつけると保険料のが安くなるのですが、注意しておかないと、限定条件に入らない人が車を運転し、事故を起こした場合、補償が受けられないことになります。

 

 

運転者限定の特約を付けた場合、大体ですが保険料の価格は5%前後の割引になります。

 

 

限定できる範囲は、保険会社によって多少異なりますが、大きく分けると3つに分かれます。

 

・運転者本人限定特約

 

・運転者本人・配偶者限定特約

 

・運転者家族限定特約

 

 

運転者本人限定特約は、ドライバーを契約者本人に限定する特約です。

 

補償の対象が、本人一人のみなので、運転者限定特約の中では、最も割引率が高いのですが、デメリットとしては、長距離移動の場合など、本人以外は補償の対象とならないので、運転を代わってもらうことができないなど不便な思いをすることもあります。

 

 

あと、「配偶者」と「家族」の定義が、保険会社によって少々解釈が違うため、「本人・配偶者限定」「家族限定」の特約を付けるときは、あなたの家族環境の場合、誰まで補償されるのか?確認が必要です。

 

また、婚姻・離婚・別居・独立などで家族環境が変わった場合も保険会社に確認が必要です。

 

確認を怠ると、事故を起こしたとき、大丈夫だと思っていたものが、実は保険の補償範囲外なんてことになりかねませんよ。

 

 

 

独身で運転者限定特約のみで自動車保険に加入していた場合、結婚することによって、もしパートナーがクルマを運転するようであれば「運転者本人・配偶者限定特約」に変更する必要があります。

 

 

特約の条件を見直す必要があるとき、一度今の保険会社があなたに最適であるかどうか一括見積りを取ってみてから、今の保険会社にするのか?新しい保険会社に乗り換えるのか?比較検討してみることをおすすめします。

 

>>一括見積もりはこちらから簡単にできます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安い自動車保険をお探しならこちら>>